直動ダイヤフラム型定量ポンプ IX-Bシリーズ NEW

吐出量範囲(50/60Hz):0.0075~45 / 0.0075~45 L/h

高出力・高精度・高制御性
高効率ブラシレスモータ駆動ダイヤフラム式定量ポンプ

直動ダイヤフラム型定量ポンプ IX-Bシリーズ


ハイテクノポンプIXシリーズのカタログのダウンロードはこちら ハイテクノポンプIXシリーズについてのお問い合わせ該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

IX-Bシリーズの特長

高出力・高精度・高制御性

高効率で制御性の高いブラシレスモータを採用。少流量(7.5mL/h)から、同クラスで最大級(当社調べ)となる45L/hまでをカバーします。吐出精度は±1%(注)以内です。
注:R.S. B007/B015の一部少流量域は除きます。

優れた耐食性

接液部は耐食性に優れたPVDFを標準採用。100%フッ素樹脂のダイヤフラムは、ガス透過しやすい液体移送にも対応します。

ガスロックレス(特許出願中)

フルストローク運転による高い圧縮比とガスを排出しやすいバルブ部の設計により、IXシリーズの特長であるガスロックレスを踏襲(注)しました。
注:B007は最大圧力1.0MPa以下です。

各種接続対応

用途に合わせて、チューブ・配管ネジ・フランジ・ユニオン(注)接続を選択できます。
注:ジョージフィッシャー社製ユニオン継手に対応しています。

自由度の高い設置(特許出願中)

操作パネル面を任意に変更できます。また、ベース取付位置を変えることで壁付け設置が可能です。

IX-Bシリーズは壁付け設置が可能です。

LEDバー

視認性の高い大型LEDバーを搭載。暗がりや離れた場所でも運転状態を確認できます。

安全設計

現場の安全と薬品漏れによる環境汚染を考慮し、ダイヤフラム破損検知器を標準装備しました。また、吐出圧力の異常上昇の際には、吐出圧力異常検知機能が働き、ポンプや配管を安全に守ります。(注)さらにバルブの組間違え防止構造(特許出願中)を採用し、ダイヤフラム破損時のドレン口など、細かい安全面も配慮しています。
注:締め切り運転で発生する急激な圧力上昇は検知することができない場合があります。別途、安全弁を設置してください。

 
 
 

ポンプ概略仕様(50/60Hz)

吐出量範囲

0.0075~45 / 0.0075~45 L/h

最高吐出圧力範囲

0.4~1.7 MPa

主要材質

PVDF、PTFE、PFA、アルミナセラミックス

液温範囲

0~50℃

電源電圧

AC100 ~240V 50/60Hz 単相

コントローラ概略仕様

運転
モード
MAN (手動運転) ↑(アップ)キーと ↓(ダウン)キーにより吐出量設定
EXT アナログ固定制御 4-20、0-20、20-4、20-0mA(吐出量と比例)
アナログ可変制御

2点任意設定(入力信号 DC0-20mA、吐出量と比例)

パルス運転(注1)
  • B007: 0.000625 mL/PLS〜15.000000 mL/PLS
  • B015: 0.001250 mL/PLS〜30.000000 mL/PLS
  • B030: 0.002500 mL/PLS〜60.000000 mL/PLS
  • B045: 0.003750 mL/PLS〜90.000000 mL/PLS
バッチ運転(注1)
  • B007: 0.625 mL/PLS〜15.000 L/PLS
  • B015: 1.250 mL/PLS〜30.000 L/PLS
  • B030: 2.500 mL/PLS〜60.000 L/PLS
  • B045: 3.750 mL/PLS〜90.000 L/PLS
インターバル
バッチ運転(注1)

0〜9日、0〜23時間、1〜59分

  • B007: 0.625 mL/PLS〜15.000 L/PLS
  • B015: 1.250 mL/PLS〜30.000 L/PLS
  • B030: 2.500 mL/PLS〜60.000 L/PLS
  • B045: 3.750 mL/PLS〜90.000 L/PLS
プロフィーバス運転(注2) 通信プロトコル:Profibus-DP準拠
国際規格:EN50170 (IEC61158)
入力 STOP/Pre-Stop 無電圧接点またはオープンコレクタ(注3)
AUX 無電圧接点またはオープンコレクタ(注3)
Interlock 無電圧接点またはオープンコレクタ(注3)
電流 DC0-20mA (内部抵抗200Ω)
パルス 無電圧接点またはオープンコレクタ 最高100Hz (パルスON: 5msec以上)
出力 出力1 (OUT1) 無電圧接点(機械式リレー) AC250V 3A (抵抗負荷)

出力項目をそれぞれEnable/Disableで選択 (初期値: Leak DetectionのみEnable)
Stop/Pre-Stop/Interlock/Leak Detection/Motor Overload/Batch Complete(注4)/Drive Error

出力2 (OUT2) 無電圧接点(フォトMOSリレー) AC/DC24V 0.1A (抵抗負荷)

出力項目をそれぞれEnable/Disableで選択 (初期値: InterlockのみEnable)
Stop/Pre-Stop/Interlock/Leak Detection/Motor Overload/Batch Complete(注4)/Drive Error/Volume Prop. PLS(注5)

外部用電源 DC12V 30mA以下
アナログ DC0-20mA 2点設定 (許容負荷抵抗300Ω)
電源電圧(注6) AC100V-240V 50/60Hz

注1: パルス制御、バッチ制御、インターバルバッチ制御の最小設定値は、キャリブレーションにより補正された1ストローク流量値となります。また、1パルスあたりの設定値を入力する際の変化量はキャリブレーションにより補正された1ストローク流量値です。
注2: プロフィーバス運転を行う際は、別途プロフィーバス変換BOX(オプション)が必要となります。
注3: 接点への最大印加電圧は12V、電流5mAとなります。リレー等の有接点をご使用の場合は、最小適用負荷が5mA以下のものをご使用ください。
注4: 「Batch Complete」(バッチ完了出力)を「Enable」に設定すると、他の機能は「Disable」となります。
注5: 「Volume Prop.PLS」(吐出量比例パルス出力)を「Enable」に設定すると、他の機能は「Disable」となります。
注6: 仕様電圧以外は入力しないでください。故障の原因となります。許容電源電圧はAC90V-264Vとなります。

定量ポンプ購入後のよくある質問