マグネットギヤポンプ MDGシリーズ

最大吐出量(50/60Hz):14 / 17 L/min

液洩れを追放したコンパクトギヤポンプ
医療機器をはじめ各種装置組込み用に多くの実績

マグネットギヤポンプ MDGシリーズ 左より、H2 (Max. 2.1L/min)、M4 (Max. 4.8L/min)、R15 (Max. 17L/min)


各資料のダウンロードはこちら 
マグネットギヤポンプ MDGシリーズ
についてのお問い合わせ

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

MDGシリーズの特長

高圧・高真空

小型ながらMax. 0.6MPaの高圧吐出、真空度5.3kPaが可能です。

優れた耐食性

接液部にはSUS316、PPS、CFRPEEKなどの優れた耐食材料を採用、各種薬液の移送が可能です。

液洩れのないシールレス構造

マグネット駆動方式によるシールレス構造のため液洩れがなく、軸シール交換の手間も不要です。

優れた耐熱性

耐熱材質の採用に加え、ギヤポンプボディーは独自の技術で精密加工されていますので、高温薬液移送が可能です。標準型でMax. 95℃の使用が可能です(ただし、機種により異なります)。

低騒音、低振動、コンパクト

小型で軽量なうえ、騒音・振動も低く、装置・機器への組込みに適しています。

長寿命設計

長時間の連続運転にも優れた耐久性を発揮。ポンプ保護のため、リリーフ弁内蔵タイプもあります。

概略仕様(50/60Hz)

最大吐出量

14 / 17 L/min

最高吐出圧力

0.6 MPa

主要材質

SUS316、CFRPEEK、PPS

モータ出力範囲

15~230/240W

液温範囲

0~95℃ (機種により異なります)

到達真空度

5.3 kPa (絶対)

移送可能粘度

80 mPa·s程度まで (機種により異なります)

スラリー液

取扱いできません

シール方式

シールレス



マグネットギヤポンプMDGシリーズについてのお問い合わせ 最寄りの支店・営業所