INCHEM TOKYO 2013 第29回プラントショー レポート

INCHEM TOKYO 2013 プラントショーの展示イメージ

10月30日(水)~11月1日(金)に開催された「INCHEM TOKYO 2013 第29回プラントショー」に出展いたしました。弊社ブースにお立ち寄り頂いた皆様、ご来場誠にありがとうございました。
高効率モータを搭載したポンプによる実演、実機展示で、当社のトップランナーモータ対応への取り組みをご説明しました。
皆様から頂いた貴重なご意見をもとに、より一層製品とサービスの向上に励む所存です。会期中の説明でご不明な点などございましたら、メールサポートよりお問い合わせください。

プロセスマグネットポンプコーナー

高効率モータを搭載したポンプを展示。弊社プロセスマグネットポンプの幅広いラインアップと、評価の高い独自の耐久構造をご説明しました。

定量ポンプコーナー

当社従来製品(LKシリーズ)低脈動定量ポンプTDを、エアーチャンバーのない状態で比較運転を行いました。TDポンプの安定した低脈動注入が注目されました。

電磁定量ポンプコーナー

吐出配管への負荷を低減する低脈動注入が可能なハイテクノポンプIX、次亜塩素酸ナトリウムなどの発泡性薬液をガスロックなく注入するアンチガスロックポンプユニットESUを実演展示。それぞれ製品の特長が分かりやすく表現されており、メカニズムについてより詳しい説明を求められました。

水質制御機器コーナー

排水管理・毒性試験などで使用されている小型魚類集合水槽システム LABREED(ラブリード)と、インターネットを介した水質制御が可能なウォルケムコントローラの実演を行いました。モデル生物によるバイオアッセイを用いた排水管理について、多くのご質問をいただきました。

エアー駆動ダイヤフラムポンプコーナー

エアー駆動ダイヤフラムポンプコーナーでは、新製品2機種をメインに展示しました。部品・構造の見直しにより、吐出量と作動安定性が向上。完全自吸式で呼び水が不要な、使い勝手の良さを実演装置で説明しました。

当社マグネットポンプ、定量ポンプをメインに、製品説明の撮影を行いました。撮影の様子は「気になるIWKAI」ブログ情報ページで公開しています。

概要

日時

2013年10月30日(水)~11月1日(金)

会場

東京ビッグサイト

オフィシャルサイト

http://www.jma.or.jp/INCHEM/