直動ダイヤフラム型定量ポンプ LKシリーズ

吐出量範囲(50/60Hz):0.02~45 / 0.024~54 L/min

経済的で使い易くメンテナンスが容易な 直動ダイヤフラムポンプ

直動ダイヤフラム型定量ポンプ LKシリーズ



定量ポンプ Lシリーズ
のカタログのダウンロードはこちら 
定量ポンプ Lシリーズ
についてのお問い合わせ該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

LKシリーズの特長

優れた耐久性・信頼性

経済的で汎用性の高い定量ポンプです。PVC成形ポンプヘッドを国内で最初に採用し、フランジ・ホース・ユニオンの3種類の接続継手を標準化。(但し0.2kWタイプのみ)またアクセサリの充実などコストはもちろん使い易さも徹底追求しました。

耐久性に優れたポンプ駆動部

コンパクトながら堅牢で信頼性の高いウォームギヤ型の減速機を使用。全密閉オイルバス潤滑方式の屋外設置構造で、長期連続運転にも優れた耐久性を発揮します。

豊富な機種と材質構成

専用モータ型9機種と汎用モータ型10機種がフルラインアップ、微量域から大流量域まで幅広くカバーします。またポンプヘッド材質も塩ビ・フッ素樹脂・ステンレスと豊富なバリエーションであらゆる薬注ニーズに対応します。

強酸移送に対応 (LK-TC)

PVDFヘッドタイプ

LK-TC (PVDFタイプ) は主材質にフッ素樹脂を採用した、強酸移送に最適なポンプです。
ポンプヘッドに二フッ化ビニリデン樹脂 (PVDF)、セラミックス、PTFE、FKMなどグレードの高い材質を使用しています
水処理をはじめ、あらゆる分野の薬液注入プロセスに活躍します。

概略仕様(50/60Hz)

吐出量範囲

0.02~45 / 0.024~54 L/min

最高吐出圧力範囲

0.3~1.5 MPa

主要材質

PVC、PVDF、SUS316、SCS13

所要動力範囲

0.2~1.5kW

液温範囲

PVC・PVDFタイプ:0~50℃、SUSタイプ:0~80℃

移送可能粘度

1000 mPa·s程度まで (VSタイプ)

スラリー液

消石灰15%程度まで (機種により異なります)

定量ポンプ購入後のよくある質問