直動ダイヤフラム型定量ポンプ TDシリーズ

吐出量範囲:0.15~8.5 L/min

 低脈動・高効率を実現 使いやすさと省エネ効果を両立

 

直動ダイヤフラム型定量ポンプ TDシリーズ



定量ポンプ TDシリーズ
のカタログのダウンロードはこちら 
定量ポンプ TDシリーズ
についてのお問い合わせ該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

TDシリーズの特長

低脈動

2つのポンプ部を一つのカムで動かす、等速度カム方式を採用。エアーチャンバなしで安定した低脈動運転が実現します。またシンプルな配管設計が可能となり、エアー補給などのメンテナンスコストも削減できます。

等速度カム方式

豊富な配管接続バリエーション

吐出口・吸込口を垂直・水平のどの向きにも対応できます。またエアーチャンバが不要のためシンプルな配管設計が可能となり、様々な設計上の制約から回避できます。

エアーチャンバが不要

省エネルギー・ECO運転

ポンプ駆動部の効率アップと、高効率なIPMモータを標準搭載することで省エネ化を実現しました。

高効率なIPMモータを搭載

流量制御範囲

インバータによるモータ回転数制御方式を採用。従来の定量ポンプに比べ流量制御範囲を大幅に拡大しました。モータ特性と相まって使いやすく、あらゆる分野で幅広く活躍します。

IPMモータ&専用インバータ

IPMモータを標準搭載。専用インバータがモータの電流を最小限に抑え、インバータの損失を含めてもIE2を超えた高効率で制御します。外部運転(4-20mA)や比例帯の変更も可能。表示変換、異常圧力時のリミット停止など多機能を備えています。

概略仕様

吐出量範囲

0.15~8.5 L/min

最高吐出圧力範囲

0.3~1.0 MPa

主要材質

PVC、SUS316

液温範囲

PVCタイプ:0~40℃、SUS316タイプ:0~80℃

電源電圧

AC200 ~240V 50/60Hz 三相

定量ポンプ購入後のよくある質問