フロート式レベルセンサ

CTS/CTS-N型タンク用のレベルセンサ

フロート式レベルセンサ IRS / IRSVシリーズ

イワキレベルセンサIRS/IRSVシリーズはCTS/CTS-N型タンク用のレベルセンサです。フロートの上下により液面レベルの検出を行います。タンク内部の液が減少するとセンサ部のフロートが下降し接点信号を出力します。(標準)電磁定量ポンプのSTOP端子に接続すれば、ポンプを自動停止することが可能です。

フロート式レベルセンサ IRS

IRSシリーズ

  • 下限1接点のみの出力です。
  • 動作は、上昇OFF/下降ONのみです。
  • 仕様を限定してコストを抑えています。

フロート式レベルセンサ IRSV

IRSVシリーズ

  • フロートは1個です。
  • 標準動作は、上昇OFF/下降ONです。(特注で上昇ON/下降OFFも設定可能です。)
  • ステム内部のリードスイッチは、最大5接点まで追加可能です。接点の最小間隔は50mmです。

各資料のダウンロードはこちら 
フロート式レベルセンサIRS,IRSVシリーズ
についてのお問い合わせ 該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

概略仕様

型式IRSIRSV
センサー部 フロートスイッチ
最小測定可能液比重 0.8
動作状態 フロート上昇 OFF
下降 ONのみ
フロート上昇 OFF
下降 ON
動作反転可能
最大開閉容量 50VA 
最大開閉電流 AC 0.5A 
最大使用電圧  AC300/DC350V
接点接触抵抗 100mΩ 


フロート式レベルセンサIRS,IRSVシリーズについてのお問い合わせ 最寄りの支店・営業所