マルチ測定モード残留塩素濃度計 CL-510W

検水の水質、塩素剤の種類、測定対象物質等、多様化する水質に対応可能な
4種類の残留塩素測定モードを搭載した残留塩素計

CL-510W 残留塩素計

無試薬式流通型残留塩素計

残留塩素計 CL-510Wの特長

  • 4種類の残留塩素測定モードを搭載しています。
  • SDHC/SDメモリーカードを利用したデータロガー機能を搭載。
  • 表示計のパラメータ設定により上限値を1mg/L〜5mg/Lの範囲で設定することが可能です。(工場出荷時の測定範囲は0.00〜2.00mg/Lです。)
  • パルス比例制御機能を標準装備。電磁定量ポンプを用いた高精度な制御運転が可能です。

用途例

  • 浴槽水・温泉水滅菌
  • プール滅菌

※水質による測定可否に関しては別途お問い合わせください。

型式表示

CL-510W-IA: 標準タイプ(金センサ)
CL-510W-IP: 結合塩素対策タイプ(白金センサ)


各資料のダウンロードはこちら 
残留塩素濃度計 CL-510Wについてのお問い合わせ
についてのお問い合わせ 該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

表示計仕様

型式 CL-510W-IA CL-510W-IP
測定成分 Aモード:遊離残留塩素
BFモード:遊離残留塩素
Bモード:全残留塩素
APモード:遊離残留塩素
測定原理 ポーラログラフ法(Aモード)
ボルタンメトリ法(BF、Bモード)
ポーラログラフ法(APモード)
測定範囲 0.00〜2.00mg/L(工場出荷時)
フルスケール濃度は1.00〜5.00mg/Lの範囲で任意設定可能
表示 濃度表示部(PV):赤色4桁 LED

設定値表示部(SV):緑色4桁 LED

再現性 ±5%以内 FS(但しpH、温度、電導度、流量一定時)
検水pH範囲 Aモード:pH5.8〜8.0
BFモード:pH5.8〜8.0
Bモード:pH5.8〜9.5
APモード:pH5.8〜8.0
検水電導度範囲 10mS/m以上(但し塩化物イオン濃度1000mg/L以下)
検水温度範囲 0〜45℃(但し凍結なきこと)
伝送出力 DC4〜20mA絶縁型 最大負荷抵抗550Ω
制御出力 無電圧接点 1a×1 半導体リレー出力
AC/DC400V 0.5A Max. (負荷抵抗)
接点出力 無電圧接点 1a×2(上限警報、下限警報)、1b×1(装置異常)
無電圧リレー出力
接点容量 AC250V 1A Max. (負荷抵抗)
電源電圧 AC100〜240V 50/60Hz 約10VA
周囲温度範囲 -10〜45℃

残留塩素センサ仕様

型式 RE-22B(金) RE-40B(白金)
温度補償 サーミスタによる自動温度補償
設置方法 フローセルに取付け
電極洗浄方法 ビーズによる機械研磨洗浄および電解洗浄
ケーブル接続 コネクタによる脱着方式
ケーブル長 0.5m(型式:CT4S-005)

フローセル仕様

型式

FC-40

検水流量

1.3 L/min ±20%

耐圧

0.5 MPa

接液部材質

PVC、PP、PA、アルミナセラミックス、シリコンゴム

接続口径

検水入口:Rc1/2、検水出口:Rc1/2