このコーナーでは、毎回ひとつの質問を取り上げ、回答していきます。
今回は、製剤会社の方からの質問です。

製剤のマーキング工程で、インクの量を簡単に制御できる方法はないものでしょうか?

製剤会社で錠剤やカプセルを製造しているのですが、製剤のマーキング(印刷)工程に問題があり、困っています。
問題点を整理すると・・・

  • [問題1]
    錠剤の表面にマーキングするために往復動定量ポンプを使用しているが、ガスロックが起こりインクを送れなくなってしまうことがある。
  • [問題2]
    マーキングの際のインクの量を製剤ごとに変化させたいが現在は不可能である。

の2点になります。このような問題を解決できる、何かよい方法はないでしょうか?

「ハイセラポンプ」を使い、回転数制御することで解決します!

ご質問、ありがとうございます。ご事情、お察しいたします。
このようなケースには、「ハイセラポンプ」をおすすめしています。

  • [解決1]独特のバルブレス構造で解決
    「ハイセラポンプ」は一般的な往復動定量ポンプに必要なバルブ構造ではなく、独特のバルブレス構造になっています。そのためエアーが混入してもプランジャーによって強制的に排出されるため、ガスロックすることがありません。
    またプランジャーとシリンダーは耐食性・耐摩耗性に優れたファインセラミックス製で、吐出量精度±0.5%の高精度注入が可能です。
  • [解決2]「ハイセラポンプ」を回転数制御
    「ハイセラポンプ」を回転数制御することによって、必要なインク量に応じて注入量を素早く変化させることが可能になります。

燃料電池(エネファーム)用途で改質水ポンプとして、また医療用途では透析ポンプとして、食品用途では添加物やフレーバー液の定量注入などに採用実績があり、高精度注入はもちろん、耐久性も実証済みの「ハイセラポンプ」を、この機会に是非ご検討ください。
※「エネファーム」は東京ガス(株)・大阪ガス(株)・新日本石油(株)の登録商標です。

超微小流量を高精度(繰り返し精度:±0.5%以内)に注入
ハイセラポンプ Vシリーズ (バルブレスプランジャーポンプ)
• エアーロックが起きないバルブレス構造
• 吸込・吐出側に圧力変動があっても吐出量が安定
ハイセラポンプ Vシリーズ(バルブレスプランジャーポンプ) 詳細はコチラ!

このソリューションに関連する製品一覧

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。