日本の祭り 気になる祭り
— 熊谷うちわ祭 —

2017年7月20日/21日/22日

日本全国には、何十万ものお祭りがあるそうです。全世界だと何百万? そう、大昔から人類になくてはならないもの、それが「まつり!」なんです。ちと話が大きくなりましたが(笑)、祭りとあらば何を置いても駆けつける我々「イワ気になる隊」! 当ブログでは、全国のイワキ拠点から、『ご当地祭り』を突撃レポート! 有名なモノからちょっと変わったモノまで、イワキ風味でご紹介していこうと思います。さぁ〜、祭りだ♪祭りだ〜♪

ちなみに、イワキ本社がある東京神田は、江戸三大祭りで有名な神田明神のお膝元なのですが、このお祭企画が立ち上がる前に、すでに祭りは終わり・・・これが本当の後の祭り、なんちゃって♪ 来年はしっかりレポートしたいと思っています。

さーて、今回ご紹介するのは、7月に行われた埼玉熊谷の「熊谷うちわ祭」です。熊谷営業所、営業の戸塚と林が「気になる隊」特派員として出かけてまいりました。それではマイクをお渡ししましょう。ご両人、よろしく〜♪

あついぞ!熊谷

皆さん、はじめましてイワキ熊谷営業所の戸塚です。毎年7月、8月といえば、日本国中夏祭りのシーズンですね。夏祭りのトップバッターとして、私、戸塚と営業若手のホープ林が、アツくて気になる街の熱いお祭り、「熊谷うちわ祭」をご紹介します。

あつべえ

そうなんです!熊谷は暑いんです。いや、熱いんです!日本一の最高気温を記録した熊谷市民は、

「あついぞ!熊谷」と題して、街づくりのために「あつい」を事業化してしまったのです! なんというあっつい心意気!!

ご当地のシンボルキャラクターは、その名も「あつべえ」。皆さん可愛がってくださいね♪

関東一の祇園「熊谷うちわ祭」

さて、本題の「熊谷うちわ祭」のご紹介です。先ほどご紹介した「あつべえ」も、うちわで一所懸命あおいでいますが、暑い熊谷で「うちわ祭」とは、まさに夏祭り〜って感じですね〜^_^/

ちなみに、熊谷は「ラグビーワールドカップ2019」が開催される全国12会場のひとつに選ばれました。ラグビー会場でも、うちわでパタパタ・・・♪ ラクビータウン熊谷として、これからますます熱くなること間違いなし!でしょうね。

祭りの話に戻ります。この「熊谷うちわ祭」は、ご当地に鎮座する愛宕八坂神社の祭礼です。祭りの起源を探すと、なんと江戸の中期から行われていたとか! 詳しいことをお知りになりたい方は市のサイトをご覧いただくとして、ザクッと説明しますと、

祭中に商店の方々がお赤飯を炊いて疫病除けを祈願
 ↓
そのお赤飯を人々に振る舞う
 ↓
「熊谷の赤飯ふるまい」として評判に♪ 熊谷の名物行事となる
 ↓
そうこうするうちに、お赤飯の代わりに「うちわ」が配布されるようになる
 ↓
現在も続く「熊谷うちわ祭」となる

なぜ、お赤飯が「うちわ」に代わったかは“謎”ですが、お赤飯よりは「うちわ」の方が「あついぞ!熊谷」にはピッタリですね。あ、私、お赤飯も大好きです。念のため。

見事な山車と「叩き合い」

お祭りは7月19日愛宕八坂神社の非公開で行われる「遷霊祭」で始まります。そして20〜22日までの3日間にわたり、見事な山車や神輿が街中を巡行します。各町から繰り出された「山車」の美しさはもちろんのこと、何と言っても圧巻は、各所で合流して繰り広げる太鼓の叩き合い!! まさに「あついぞ!熊谷」の通り、大迫力の熱い叩き合いが、熊谷の夜にドドドンと響き渡るのです。

20日熊谷駅前での「初叩き合い」にはじまり、21日には全町の山車が合流して目抜き通りで行う「巡行叩き合い」、そして最終日には市役所近くのお祭り広場に山車が集結して、最後の叩き合いである「曳っ合せ叩き合い」がおこなわれます。

叩き合いが始まるやいなや、くぅ〜、ハラにくるぅ〜! 私も林も、テンション高めで、太鼓の響きと汗のしぶきが乱れ飛ぶ、祭りビートに酔いしれました。

そしていよいよクライマックス。待っていたのは予想をはるかに超える大・感・動! 12台の山車が徐々にお祭り広場周辺に集まり、なんと! 一斉に揃って同じビートを刻むのです!!

イワキ熊谷営業所の林です

うひゃぁ〜、なんじゃこりゃ〜〜〜っ!! 
超かっこいいぃ〜〜〜〜!!\(^o^)/

これぞ日本のハートビート! 私、戸塚も林も、鳥肌モノでした。

そのど迫力、スケール感は、そんじょそこらのロックコンサートなんか目じゃないって感じです。きっと、この熊谷の「あつさ」には、ドームも武道館も勝てないでしょう。いよっ!あついぞ、熊谷!!

来年はぜひ、熊谷の「あつさ」を体験しにきてくださいね。人生観、変わるかもしれません(^-^)v

以上、熊谷営業所から戸塚と林がお送りしました。

熊谷営業所

アクセスマップ〒360-0018 熊谷市中央1-35
TEL. 048-523-9186 FAX. 048-520-1398

メールマガジン登録はこちら