• 独自メソッドによるポンプの高効率を達成(当社比)
  • 圧力変動があっても流量変動が少ない

HSR-80シリーズは装置組込み用として開発された小型のダイヤフラム式ポンプです。コンパクトながら最大回転数3000min-1、高圧で液体を移送することが可能です。最大吐出量は1200mL/min(吐出圧力0.5MPaの時)で、この1機種で広範囲な流量域をカバーします。

HSR-80の特長

高圧で液体を移送
最大回転数 3000min-1
最高吐出圧力 0.6MPa
高圧で液体を移送することが可能です。
幅広い流量域
・回転数 3000min-1 : 吐出量 1200mL/min
・回転数 2000min-1 : 吐出量 800mL/min
・回転数 1000min-1 : 吐出量 400mL/min
※吐出圧力0.5MPaの時
安全弁を搭載可能
安全弁機能を搭載することが可能です。吐出圧力の異常上昇によるポンプや配管の破損を防止します。
※安全弁機能なし選択時は、外部で安全弁を設置するなど、保護機能を設置してください。

作動原理

モータの回転運動をコンロッドを介し往復運動に変え、ダイヤフラムをポンプ室で上下動(往復運動)させ、液体をIN側からOUT側へ送り出します。

HSR-80概略仕様

定格仕様 吐出量 800mL/min(回転数 2000min-1
吐出圧力 0.5MPa
最大吐出量 1400mL/min(参考値)
最高吐出圧力 0.6MPa
主要材質(接液部) GFRPP、FKM、EPDM、PTFE、SUS316
モータ仕様 電圧 DC24V
電流 1.4A
回転数 1000〜3000min-1
自吸高さ 2m
接続口径 Rc1/4またはG1/4
質量 700g
  • 吐出圧力は仕様値以下(0.6MPa以下)で使用してください。
  • 吐出量は20℃の清水を移送したときの値となります。液温・粘度・比重等により吐出量は変化しますのでご注意ください。
  • 最大吐出量は3000min-1 0MPa時となります。ただし0MPa付近ではオーバーフィードにより吐出量が安定しないため、参考値となります。
  • 自吸高さは海抜0mでの仕様となります。高地では自吸高さが減少しますのでご注意ください。
  • 取り扱い液温はバルブ材質FKM:5〜45℃、EPDM:0〜45℃です。(凍結・スラリー発生などの液質変化のないものとします。)
  • ポンプ雰囲気温度は0~45℃です。
  • 定格時の最大騒音値は20℃の清水を移送した状態で50dB以下です。(Aスケール、1m)

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。