CA-1/CA-2の特長

現場にて高濃度残留塩素計及び有効塩素濃度計等のスパン校正に使用する残留塩素濃度分析用キットで、簡単かつ正確に残留塩素濃度の分析を行うために必要な試薬及び器具を1式携行カバンに揃えたものです。 検水採取量を変更することにより%オーダまでの分析が可能です。

  • 分析方法は上水試験法、JIS K-0102に採用されているヨウ素滴定法
  • 分析操作が簡単
    分析値は複雑な計算を必要としないよう試薬濃度の調整を行っているため、ビューレットの目盛直読で残留塩素濃度を測定することができます。

測定範囲

  • CA-1測定範囲:0~1000mg/L(標準)
  • CA-2測定範囲:0~100mg/L(標準)

測定原理

ヨウ素滴定法は検水を弱酸性溶液にし、ヨウ化カリウムを添加して残留塩素によって遊離したヨウ素をデンプン溶液を指示薬としてチオ硫酸ナトリウム溶液で滴定し、その滴定量から検水中の残留塩素濃度を算出する方法です。

注意事項

本キットのチオ硫酸ナトリウム溶液は弊社で規定している濃度です。市販されている標準液濃度とは異なりますのでご注意ください。

校正試薬安全データシート

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。