マグネットポンプ | よくあるご質問

マグネットポンプをご購入されたお客様からいただく、よくあるご質問をまとめています。
取扱説明書にも同様の内容を掲載していますので、あわせてご確認ください。
なお、故障原因が分からない場合は、ただちにポンプを停止させ、ご購入された販売窓口へご連絡ください。

液が揚がらない

吐出バルブを閉めているとき

1、ポンプ内に呼び水をしてもすぐに落ちる

原因

点検内容および対策

  • フート弁に異物が挟み込まれている
  • フート弁を掃除する

2、運転開始後、吐出バルブを開けると圧力が下がる

原因

点検内容および対策

  • 吸い込み管の先端またはガスケットからエアーが流れこむ
  • 吸液槽の液面を高くする
  • 吸込み管のシールを点検し、やり直す
  • マグネットカップリングの脱調
  • オーバーロードしていないか電流値を確認する
  • インペラやマグネットキャンへの異物かみ込みを確認・除去する
  • 電圧が正常値かチェックする

3、圧力計の指針がいつまでも低い

原因

点検内容および対策

  • ポンプの回転数が不足している
  • モータが逆回転(※1)している
  • 配線およびモータを点検し、やり直す
  • 結線を入れ換える

※1)モータの回転方向の確認:3相モーターの場合、結線方法の違いでインペラが逆回転することがあります。正常な場合はモーターファン側から見て、ファンが右回りに回っていることを確認してください。

吐出バルブが開いているとき

1、圧力計、真空計の指針が震えて0を指す

原因

点検内容および対策

  • 呼び水の量が不足
  • 空運転
  • ポンプを止めて呼び水を十分にして起動をやり直す
  • 吸込み側のバルブが閉じていませんか

2、運転開始後、吐出バルブを開けると圧力が下がる

原因

点検内容および対策

  • 吸込み管の先端またはガスケットからエアーが漏れ込む
  • 吸液槽の液面を高くする
  • 吸い込み管のシールを点検し、やり直す
  • マグネットカップリングの脱調
  • オーバーロードしていないか電流値を確認する
  • インペラやマグネットキャンへの異物かみ込みを確認・除去する
  • 電圧が正常値かチェックする

吐出量が少ない

吐出バルブを閉めているとき

1、圧力計、真空計の指針は普通である

原因

点検内容および対策

  • ストレーナーに異物が詰まり、水路を塞いでいる
  • ストレーナーの異物を除去する
  • 吸込み管にエアー溜まりが発生
  • 吸込み管の状況を確認する
  • インペラ入り口に異物が詰まっている
  • 分解のうえ、異物を除去する
  • 吸込み管またはガスケット部よりエアーが入っている
  • 吸込み管の結合部を点検し増し締めする
  • ポンプ吐出側に異物が詰まっている
  • ポンプ内部の異物を除去する
  • 配管の異物またはスケールを除去する

2、圧力計の針が低く真空計もまた非常に低い

原因

点検内容および対策

  • モーターが逆回転
  • 結線を入れ換える

吐出バルブが開いているとき

1、真空計の真空度が高い

原因

点検内容および対策

  • ストレーナーに異物が詰まり、水路を塞いでいる
  • ストレーナーの異物を除去する

2、真空計の真空度が非常に高い

原因

点検内容および対策

  • 吸込み管にエアー溜まりが発生
  • 吸込み管の状況を確認する

3、圧力計、真空計の指針が振れる

原因

点検内容および対策

  • インペラ入り口に異物が詰まっている
  • 分解のうえ、異物を除去する

4、真空計の真空度は高いが圧力計は普通

原因

点検内容および対策

  • 吸込み管またはガスケット部よりエアーが入っている
  • 吸込み管の結合部を点検し増し締めする

5、圧力は高いが真空度は普通

原因

点検内容および対策

  • ポンプ吐出側に異物が詰まっている
  • ポンプ内部の異物を除去する
  • 配管の異物またはスケールを除去する

6、圧力が低く、真空度も低い

原因

点検内容および対策

  • モーターが逆回転
  • 結線を入れ換える

モーターが過熱

原因

点検内容および対策

  • 電圧が低下
  • 電圧、周波数が適正か確認する
  • オーバーロード
  • 当初の打ち合わせ仕様から液体の濃度を変更する場合はご相談ください。濃度が高くなりますと、比重が重くなったり、粘性が高くなったりし、現存ポンプ仕様で送液できない場合があります
  • 周囲の温度が高い
  • 風通しをよくする

吐出量が急減

吐出バルブを開いているとき

真空計の指針が高い

原因

点検内容および対策

  • 吸い込み配管に異物が詰まった
  • 異物を除去する

ポンプが振動

原因

点検内容および対策

  • 基礎が不完全
  • 据え付けをしなおす
  • 取り付けボルトが緩んでいる
  • 増し締めする
  • キャビテーションの発生(※2
  • キャビテーション原因を除去する
  • ベアリング摩耗または溶融
  • 交換する
  • マグネットキャン、スピンドル破損
  • 交換する
  • 駆動マグネットの動バランス不良
  • 原因除去または交換する
  • モータベアリング摩耗
  • ベアリングまたはモータを交換する

※2)キャビテーションとは…ポンプの吸込み側は低圧になるため、液体から気体に変わりやすい条件になります。ポンプ内で液体の一部が気体に変わる現象をキャビテーションといいます。キャビテーションはポンプや配管の強い振動の原因になったり、騒音を発生するだけではなく、吸込み不能やポンプの損傷を招いたりするため、防止する必要があります。

気になるIWAKI

Q&A 事例の紹介

ポンプなるほど

ポンプに賭けた男たち

楽しいブログや最新情報を毎月お届け!

ニュースレター登録

過去のメルマガはこちら

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

貸出機のご依頼

電話でのお問い合わせ

該非判定について

生産終了製品情報