定量ポンプ | よくあるご質問

定量ポンプをご購入されたお客様からいただく、よくあるご質問をまとめています。
まずはじめに、下記の項目をチェックしてください。それでも解決しないときは、ご購入された販売窓口へご連絡ください。

モーターが動かない

原因

点検内容および対策

  • 電源が入っていない
  • 電源を入れる
  • モーターが不良
  • 断線または接続不良のため原因を調査し、対策する。もしくは交換する
  • 断線または接続不良
  • 配線や電源コードに割れや亀裂はありませんか。結線または交換してください。
  • 電源ヒューズが切断している
  • 指定された電圧、電源を使用されていますか。
  • 電圧が低下している
  • 原因を調査し、対策する
  • 吐出圧の過大によりオーバーロードしている
  • 吐出配管を点検し、手直しする
  • 電源電圧仕様が不適切
  • 調査する

吐出量が少ない

原因

点検内容および対策

  • NPSH 不足によりキャビテーションが発生している
  • lポンプに必要最低流量が確保されていますか。吸い込み配管が推奨より細くありませんか
  • ボールバルブ・バルブシートが摩耗している
  • ボールやシートが摩耗していると確実にチャッキされず、液体がリークしてしまいます。交換が必要です
  • バルブ部分に異物が詰まっている
  • 異物が詰まっていると確実にチャッキされず液体がリークしてしまいます。分解洗浄してください
  • 吸い込み、配管、ストレーナーに異物が詰まっている
  • ポンプ室に必要流量が確保されていません。原因を取り除いてください
  • ストローク長調節ダイヤルの目盛がずれている
  • 吐出量を測定し、ストローク長調節ダイヤルの目盛を合わせる
  • ポンプストローク数が変動している
  • 電源、モーター、減速機を点検する
  • 吐出圧の過大によりオーバーロードしている
  • 吐出配管を点検し、手直しする
  • 吸込み側配管からのエアー吸引
  • 配管を点検し、手直しする
  • 取り扱い液の変更。液性変化
  • 粘性が高い場合、吐出量が減少したり送液されない場合があります。ポンプの仕様を再検討してください
  • 圧力計が故障している
  • 交換する
  • 圧力計の口元にゴミが詰まっている
  • 清掃する
  • 安全弁から液洩れしている
  • 安全弁設定圧力を点検および修理する
  • ダイヤフラムが破損している
  • 交換する
  • バルブガスケット・O リングが不良
  • 交換する
  • ポンプ部のエアー抜きが不良
  • ポンプ部のエアー抜きを行う
  • バルブアッセンブリの組み立て方向が違っている
  • 正しく組み立て直す

吐出量が多すぎる

原因

点検内容および対策

  • ストローク長調節ダイヤルの目盛がずれている
  • 吐出量を測定し、ストローク長調節ダイヤルの目盛を合わせる
  • 最小必要差圧の不足によるオーバーフィード(過量吐出)が発生している
  • 差圧がない場合は見かけの揚程を確保するため背圧弁の設定を推奨します
  • 取り扱い液の変更。液性変化
  • ポンプ仕様を再点検する

吐出量がばらつく

原因

点検内容および対策

  • NPSH 不足によりキャビテーションが発生している
  • 吸込み条件を検討する
  • ボールバルブ・バルブシートが磨耗している
  • 交換する
  • バルブ部分に異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸込み、配管、ストレーナに異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 最小必要差圧の不足によるオーバーフィード(過量吐出)が発生している
  • 最小必要差圧を検討する
  • ポンプストローク数が変動している
  • 電源、モータ、減速機を点検する
  • 吸込み側配管からのエアー吸引
  • 配管を点検し、手直しする
  • 取り扱い液の変更。液性変化
  • ポンプ仕様を再点検する
  • 安全弁から液洩れしている
  • 安全弁設定圧力を点検および修理する
  • バルブガスケット・O リングが不良
  • 交換する
  • ポンプ部のエアー抜きが不良
  • ポンプ部のエアー抜きを行う

モーターの電流値がオーバー

原因

点検内容および対策

  • モーターが不良
  • 交換する
  • 断線または接続不良
  • 結線または交換する
  • 電圧が低下している
  • 原因を調査し、対策する
  • バルブ部分に異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸い込み、配管、ストレーナーに異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吐出圧の過大によりオーバーロードしている
  • 吐出配管を点検し、手直しする
  • 電源電圧仕様が不適正
  • 調査する
  • 取り扱い液の変更。液性変化
  • ポンプ仕様を再点検する
  • 減速機構部の潤滑オイルが不適正
  • ご指定以外のオイルを使用した場合、オイルの粘性が高いときは減速機用のギヤの負荷が高くなる場合があります
  • オイル量、種類、汚れを点検してください

液が出ない

原因

点検内容および対策

  • NPSH 不足によりキャビテーションが発生している

  • 吸い込み条件を検討する
  • ボールバルブ・バルブシートが磨耗している
  • 交換する
  • バルブ部分に異物が詰まっている
  • まれに配管施工時の接着剤が流れ込む場合があります。分解洗浄もしくはバルブ、バルブシートの交換をしてください
  • 吸込み、配管、ストレーナーに異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸込み側配管からのエアー吸引
  • 配管を点検し、手直しする
  • 取り扱い液の変更。液性変化
  • ポンプ仕様を再点検する
  • 安全弁から液洩れしている
  • 安全弁設定圧力を点検および修理する
  • ダイヤフラムが破損している
  • 交換する
  • ポンプ部のエアー抜きが不良
  • ポンプ部のエアー抜きを行う
  • バルブアセンブリの組み立て方向が違っている
  • 正しく組み立て直す

吐出圧力が上がらない

原因

点検内容および対策

  • NPSH 不足によりキャビテーションが発生している
  • 吸込み条件を検討する
  • ボールバルブ・バルブシートが磨耗している
  • 交換する
  • バルブ部分に異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸い込み、配管、ストレーナーに異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸込み側配管からのエアー吸引
  • 配管を点検し、手直しする
  • 取り扱い液の変更。液性変化
  • ポンプ仕様を再点検する
  • 圧力計が故障している
  • 交換する
  • 圧力計の口元にゴミが詰まっている
  • 清掃する
  • 安全弁から液洩れしている
  • 安全弁設定圧力を点検および修理する
  • ダイヤフラムが破損している
  • 交換する
  • ポンプ部のエアー抜きが不良
  • ポンプ部のエアー抜きを行う
  • バルブアセンブリの組み立て方向が違っている
  • 正しく組み立て直す

液洩れがある

原因

点検内容および対策

  • 吸込み、配管、ストレーナーに異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吐出圧の過大によりオーバーロードしている
  • 吐出配管を点検し、手直しする
  • 取り扱い液の変更。液性変化
  • ポンプ仕様を再点検する
  • ダイヤフラムが破損している
  • 交換する
  • バルブガスケット・O リングが不良
  • 交換する
  • バルブアセンブリの組み立て方向が違っている
  • 正しく組み立て直す
  • 吸込み口や吐出口の締め付けが不足している
  • 増し締めする
  • ポンプヘッドの締め付けが不足している
  • 増し締めする

振動、騒音が大きい

原因

点検内容および対策

  • モーターが不良
  • 交換する
  • NPSH 不足によりキャビテーションが発生している
  • 吸込み条件を検討する
  • ボールバルブ・バルブシートが磨耗している
  • 交換する
  • バルブ部分に異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸い込み、配管、ストレーナーに異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吐出圧の過大によりオーバーロードしている
  • 吐出配管を点検し、手直しする
  • 減速機構部の潤滑オイルが不適正
  • オイルの量、種類、汚れを点検する
  • バルブアセンブリの組み立て方向が違っている
  • 正しく組み立て直す

オイルが漏れる

原因

点検内容および対策

  • オイルシール・O リングが不良
  • 交換する

液を吸い込まない

原因

点検内容および対策

  • NPSH 不足によりキャビテーションが発生している
  • 吸込み条件を検討する
  • ボールバルブ・バルブシートが磨耗している
  • 交換する
  • バルブ部分に異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸い込み、配管、ストレーナーに異物が詰まっている
  • 分解洗浄する
  • 吸い込み側配管からのエアー吸引
  • 配管を点検し、手直しする
  • ダイヤフラムが破損している
  • 交換する
  • バルブガスケット・O リングが不良
  • 交換する
  • ポンプ部のエアー抜きが不良
  • ポンプ部のエアー抜きを行う
  • バルブアセンブリの組み立て方向が違っている
  • 正しく組み立て直す

減速機構部の温度が高い

原因

点検内容および対策

  • 吐出圧の過大によりオーバーロードしている

  • 吐出配管を点検し、手直しする
  • 減速機構部の潤滑オイルが不適正
  • オイルの量、種類、汚れを点検する

気になるIWAKI

Q&A 事例の紹介

ポンプなるほど

ポンプに賭けた男たち

楽しいブログや最新情報を毎月お届け!

ニュースレター登録

過去のメルマガはこちら

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

貸出機のご依頼

電話でのお問い合わせ

該非判定について

生産終了製品情報