薬液補充ポンプ CFD

最大吐出量:1 mL/shot


1shot当り1mL、

分注性能が大幅に向上


各資料のダウンロードはこちら 
薬液補充ポンプ CFD
についてのお問い合わせ該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

CFDの特長

分注性能の向上

吐出量を1shot当り1mLとし、従来に比べ大幅に分注性能が向上しました。必要時に必要最小量を注入することで、ウェハー洗浄液の濃度管理を精度よく行えます。さらに、濃度のオーバーシュートを抑えることができ、洗浄液のコストダウンにもつながります。またサイホン防止機構を内蔵し、薬液の流出を防止します。

耐腐食性構造

接液部はオールフッ素樹脂(PTFE、PFA、PCTFE)で構成されており、半導体用途で使用される酸、アルカリ、過水等の薬液に対応できます。また、ポンプ外部は樹脂(PTFE、PFA、PP、PVC)及びPTFEコーティングされたネジを使用することにより、高い耐腐食性構造になっています。

幅広い吐出量設定に対応

ポンプ下部のカバーを外して、ストローク長の調節が簡単に行なえます。 1shot当り最大2.7mLの吐出が可能です。 (出荷時は、1shot 当り1mLです。)

リークセンサー標準装備

ベローズ破損時にも素早く対応できるリークセンサーを標準装備しました。

概略仕様

最大吐出量

1 mL/shot

最高吐出圧力

0.05 MPa

最大ストローク数

30 spm

主要材質

PTFE、PFA、PCTFE

液温範囲

20~60℃