IMPシリーズ の特長

一体型ユニット
残留塩素濃度計・薬注ポンプ(電磁定量ポンプ)・薬液タンクを共通ベースに搭載した一体型残留塩素ユニットでプール・飲料水2次滅菌などの残留塩素濃度を自動管理することができます。また、オプションで電磁定量ポンプ制御用のオートコントローラ(EA-60P)や記録計が取り付けられます。
コンパクト設計
コンパクト設計で面倒な設置工事は不要です。低濃度・中濃度・高濃度用の3タイプから用途に合った最適機種をお選びください。

概略仕様

残留塩素計 CL-50P, CL-310, CL-320, CL-330等
ポンプコントローラ EA-61P 入力:DC4 – 20mA 出力:ポンプ駆動用パルス信号
記録計 SA101PAAAA□A 100mm幅 ペン式
薬液注入ポンプ 電磁定量ポンプEHNシリーズ
電源電圧:AC100 – 240V 単相 50/60Hz
主材質:PVC, アルミナセラミックス, FKM等
薬液タンク PE製薬液タンク
CT-U50V/ER 容量:50L CT-U120V/ER 容量:120L
レベルセンサ CT-UN型用レベルセンサ(フロート式、下限1点出力)
LS-050V LS-120V
表示灯 受電灯(白)、運転灯(緑)、残留塩素濃度上限灯(赤)、下限灯(赤)、薬液タンク加減灯、サンプル水量低下灯 等
電源 AC100V 単相 50/60Hz
周囲温度範囲 0 – 40℃

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード
製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。
※会員登録が必要です。
イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。