このコーナーでは、ポンプにまつわる様々な「専門用語」にスポットを当て、イワキ流のノウハウをたっぷり交えながら、楽しく軽やかに解説します。今まで「なんとなく」使っていた業界の方はもちろん、専門知識ゼロでもわかる楽しい用語解説を目指しています。文末の「今日の一句」にもご注目ください。クスッと笑えて記憶に刻まれるよう、毎回魂を注いで作っております。

今回の用語は>>>>> 急速排気弁

【急速排気弁(QEV)】Quick Exhaust Valve=クイック・エキゾースト・バルブ
排気エアを電磁弁(ソレノイドバルブ)まで戻さずに、スムーズに排気を行なうための弁。

これまで「減圧弁」「切替弁」、そして切替弁には「電磁式切替弁(通称:電磁弁)」と「空気式切替弁」があることをお話ししてきました。

今回スポットを当てた「急速排気弁」。読んで字の如く「急速に・排気する・弁」なのですが、それだけで説明が終わる「ポンなる用語」ではもちろんございません。一体何を「急速」に「排気」するのか?がミソなんです。では今回も深く斬り込んでまいりましょう。

2つのポンプ室を持ったエアー駆動ポンプの動きは、「右で吸ったら左で出す」「左で吸ったら右で出す」でしたね。ポンプがご機嫌に仕事をするために、空気の道を創り出すのが切替弁のお役目。絶妙なタイミングでスーハースーハーできるように、地味な作業をコツコツと、ただひたむきに取り組んでくれています。

でも、人間も一人より二人、仲間がいれば頑張れるように、弁の世界だって一弁より二弁です。ひとつの切換弁だけではポンプからの排気が間に合わず、ポンプに負担がかかってしまうことも・・・。

じゃぁさ、空気の道を別に作っちゃえば、もっと効率よくスーハーできんじゃね?

と、開発者が思ったかどうかは定かではありませんが、排気専用の道を“別ルート”で確保するのが急速排気弁に与えられたミッションです! 勝手に命名するなら“究極の横道仕掛人(弁)” それが急速排気弁です。

では、急速排気弁(QEV)の外見を改めて熱い視線で見てみましょう。IN、OUT、EXの3つのポートを持っています。

急速排気弁(QEV)

これをポンプ本体と電磁式切替弁(電磁弁)の間に設置します。すると [IN] → [OUT]、[OUT] → [EXT]という2つの動作を行います。

本体と電磁式切替弁(電磁弁)の間に急速排気弁を設置した図

では、[IN] → [OUT]、[OUT] → [EXT] の2つの動作を、下の急速排気弁の構造図で見てみましょう。電磁弁から供給された圧縮空気は急速排気弁のINからOUTを通過し、ポンプに届けられます。そして、ポンプから出た排気は、急速排気弁のOUTに送られ、EXから大気へ開放されます。

急速排気弁動作

今までは電磁弁一人(弁)がやっていた排気作業を、途中で引き受けてくれるんですから、ポンプにとっては排気抵抗が減るので、楽に排気ができて大助かり。このように急速排気弁を取付けることによって、ポンプの保護(ベローズの延命)や、エネルギー損失の低減といった効果を得ることができるんです。

勝手にポンプの気持ちを代弁(弁だけに。なんつって)するならば、

「もう、急速排気弁はんのお陰で、楽させてもろてます〜。ほんま、おおきに〜」

とったところでしょうか。ちょっと京都風にしてみたのは、最近京都に行く機会があったからで、深い意味はございません(汗)。

エンジニアから一言

急速排気弁のEXポートには「サイレンサ(マフラ)」を取付けるか、EXHポートから排気ダクトへ配管する必要があります。また、よりスムーズに排気を行うため、急速排気弁は、極力ポンプに近い位置へ取り付けます。

急速排気弁は各種メーカーが製作・販売しており、金属製で塗装してあるものが一般的ですが、イワキオリジナルの急速排気弁はひと味違います!

外観素材には耐食性に優れた「塩ビ(PVC)」を、内部のパッキン、Oリングにはフッ素ゴムを使用しています。この耐食性の高い急速排気ポンプを電磁弁の間に取付けることで、リターンエアーによる電磁弁の腐食を低減し、電磁弁を延命することができます。

今日の一句

車も空気も「横道」使えば、渋滞知らずでス〜イスイ♪
新たな道を作り出すQEVはポンプの味方!

この記事の関連製品

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。