ヨーロッパ、アメリカ、アジアを拠点に、ワールドワイドにビジネスを展開しているイワキ。 このコーナーでは、そんな世界のイワキを支える拠点とそのお国柄などを楽しくレポートしていきたいと思っています。

アメリカ映画に再三登場する、シカゴを歩いてみました

今回はアメリカから久々の木下がお送りします。ボストンには5年ほど赴任しておりましたが、今は本社に戻り欧米はもちろんアジア諸国も飛び回り、文字どおり世界を股にかけた仕事をしている私です。って言うじゃな~い、本当はそんなかっこいいビジネスマンではなく、まだまだ駆け出しのセールスエンジニアなのです。そんな私が今回レポートするのは、あの映画の舞台で有名なシカゴの街です。といっても現地では中々フリータイムがいただけない我が身、仕事の合間にトライした街歩きをご紹介します。

シカゴと言えば、再三、アメリカ映画の舞台になる街です。古くは「黄昏」ジェニファージョーンズが素敵でしたっておじいさんか! M.モンローの「お熱いのがお好き」もシカゴが舞台でした。そしてシカゴと言えばギャング映画、「アンタッチャブル」「スティング」「デリンジャー」・・・もう若い人には馴染みのない映画ばかりですね。

私?もちろん、私は映画が大好きなのでDVDで見たのですよ(汗)、「シカゴ」ってそのままの題名の映画もありました。近年では「ホームアローン」や「トランスフォーマー」の舞台でもあります。くどくなりましたが、シカゴはそんな映画の雰囲気を感じられる街なんでしょうか、なんか危険な匂いもしますが、とりあえず安全地帯を歩くことにしましょう。

Pittcon 2017 に出展しました!

今回は3月に行われた「PITTCON」という世界最大級の分析・ラボ用機器の展示会出展業務でシカゴを訪れました。出展製品は装置組み込み用の小型ポンプをメインに展示。その他にエアー駆動ダイヤフラムポンプや電磁定量ポンプなども展示しました。

ブルーラインでダウンタウンへGO!

メルマガ編集部こと「イワ気になる隊」の使命を帯びた私、早速、シカゴ・オヘア国際空港へ降り立った時から、気になるものを探すことにしました。

今回は「いち旅行者」として訪れたシカゴ。久しぶりとはいえ、ダウンタウンへ向かう電車は、ちょっと怖い気がしました。というのは、こちらに赴任していた時、同僚から「アメリカの都会は危険だから、あんまり電車で移動しないほうがいいよ」って言われていたのです。

特に夜間はNGだそうです。さて、空港駅へ向かう通路には人通りがなく、まるでゾンビが登場しそうな雰囲気!? ゾンビなら笑えますが、ギャングだったら笑えない(汗)

あ、シカゴらしいものを見つけました、やった~。 駐車場エレベーターの階表示が、なんとシカゴのプロスポーツチームの名称になっていたのです。NBLはもちろん、MLBやホッケー、フットボールなどのチーム名が・・・なんだか楽しくなってきました。

標識を頼りにひたすら移動。すると少しづつ賑やかになってきました。

切符の販売機はご覧の通りのレトロ調、一見どうやって購入するのか分かりづらいのです、でも味がありますね~ 日本だったら遊園地にありそうな感じですね、自販機大国我が日本にはかなわないと思います。

スクリーンに登場するようなレトロな車両も見つけたのですが、ちょうど出発したところでシャッターチャンスを逃しちゃいました。何れにしても電車や駅は暗くちょっと怖い雰囲気がありました、映画見すぎか! とにかく日本とは大違いなのです。

さて、そんな雰囲気の中、「ダウンタウン」の駅に到着しました。ここでは、そう「絶対笑ってはいけない」のです(笑)な~んて~

地下鉄の短いエスカレータを上るとそこは大都会だった

アトランタでもそうでしたが、駅からエスカレータで地上に出ると、駅の雰囲気から一転、いきなり高層ビル群の真下にいる自分に気づくのです。まるで、格差社会が景色になってる~関係ないか~でもそれが、アメリカなのです。

とにかくホテルへ直行しなきゃ~とスーツケースをゴロゴロゴロゴロ・・・

お、あれに見えるは日本でも最近人気のスポーツウエア “UNDER ARMOUR” のお店ですね。おおお、こちらに見えるはあのトランプタワー、そうか~シカゴにもあったんだ。今のアメリカを象徴するビルなのかなぁ、

それにしても、天までそびえるとはこのことか!

と、ここで懐かしいお方に出会いました。懐かしいと言って良いのかどうか・・;

そう、こちらこそアメリカを象徴する大統領「リンカーン」の巨大な像です。なんか、ダウンタウンつながりのリンカーンですが、青年を優しく導いています。「天は人の上に人を作らず」、いや、「青年よ大志を抱け!」、やっぱり違いますね。

「人民の人民による人民のための政治」、これだ~! しっかりアメリカ音痴を暴露してしまいましたね。

いよ!トランプ大統領!よろしくお願いします!

このようなパブリックアートが、シカゴの街ではいたるところで見受けられます。

さて、夕食後の散歩、夜景も少しご案内しますね。さすが大都会シカゴ、夜景も絵になります。

グーッモーニーン シカゴ!

そして「イワ気になる隊」としては、仕事前の早朝の街歩きは必須です。カナダ国境の五大湖の一つミシガン湖に面したシカゴ、ちょっとそこまで歩いてみましょう。

やっぱり朝は気持ち良いですね、愛犬を連れて散歩している人にたくさん出会いました。

なんせ広大な北アメリカ、海まで遠いシカゴではここが海洋レジャーの拠点?なのです。といっても景色はほとんど海、夏には海の家ならぬ湖の家がたくさん立ち並ぶそうです。

さてさて、そろそろ仕事の時間です。展示会場へ向かうことにします。

世界を股にかける?駆け出しのセールスエンジニア、木下がお届けしました。

関連記事

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。