ヨーロッパ、アメリカ、アジアを拠点に、ワールドワイドにビジネスを展開しているイワキ。 このコーナーでは、そんな世界のイワキを支える拠点とそのお国柄などを楽しくレポートしていきたいと思っています。

かつてお笑い芸人が「ブラジルの人、聞こえますかぁ?」と地面に向かって大声で呼びかけるギャグを流行らせましたが、日本から見るとほぼ地球の裏側に当たるブラジルでも、イワキのポンプは元気に活躍しているのです。

久々の更新となってしまったこのコーナーですが、今回はそんなイワキブラジルから「中小農家の活性プロジェクト」についてお届けしましょう。

ブラジルの都市をひとつ挙げるとしたら・・・なんと答えます?

イワキブラジルのオフィスは、カンピナス地方の「ヴァリーニョス」という、サンパウロから車で約45分の距離にある、人口100,000人ほどの小さな町にあります。カンピナスはブラジルの一地方としてはかなり大規模で、その人口は2,000,000人を超えます。

ブラジルの都市といえば、やはり「サンパウロ」が有名ですが、サンパウロには多くの移民が住んでおり、そこかしこに日本人、イタリア人、中国人、ヨーロピアン、そしてもちろんラテン系の人々が混在しているので、「世界の縮図」と呼んでも過言ではありません。

ブラジル全体の面積は 約851万km2 あり、日本の22.5倍ほどの広大な国土と、約2億人の人口を要する大国です。サンパウロは連邦の主要州で、私たちのヴァリーニョスオフィスから100km以内にありますが、人口の約20%を占め、ブラジル全体のGDPの約1/3を占める金融センターとしての顔も持っています。

突撃!ブラジルの朝ごはん

ブラジルでは、ホテルの宿泊料金に朝食が含まれていることが一般的です。その多くはバイキング形式なので、色々な地元の食事で一日を始めることができます。そして、ブラジルでは食事中に多くの果物を摂ることが一般的です。ホテルで提供される朝食ではもちろんのこと、自宅でもマンゴ、スイカ、メロン、ブドウ、イチジクなどを朝からしっかりと食べています。

ヴァリーニョス地方は、新鮮なフルーツを生産する農場があることで有名です。ヴァリーニョスはブラジル全土で「イチジクの首都」として認識されているほどで、毎年1月になると、街は新鮮なイチジクの収穫祭を行います。果物コンテストには、様々な農場が生産した数々のフルーツが並びます。

朝食のみならず、昼食や夕食では、野菜や果物を混ぜたサラダを味わうことができます。またオレンジ、パッションフルーツ、マンゴーやパイナップルなどで作られたスープで味付けされた肉料理なども一般的です。

「フルーツサーキット」で自然の恵みを堪能しょう!

もし、このエリアでの休日を過ごす機会に恵まれたら、「フルーツツアー」への参加をおすすめします。「フルーツサーキット」と呼ばれるツアーですが、これは2002年に州政府が作成した、観光を通じて中小農業農家の収入を増やすプロジェクトなんです。

共同農村観光プログラムだけに、イトゥペバ、インダイアツーバ、イタチバ、ジャリヌの自治体などを含む7つの地域で、30を超える地元の小さな農場を回ります。果物農園、野菜、飼育動物、苗木や花の栽培、カシャッサ(サトウキビ原料の蒸留酒)、ワイン、蜂蜜、リキュール、ジャムなどを見ることができるので、かなり盛りだくさんな内容です。

まだブラジル・ヴァリーニョス地方を訪れたことのない方は、ぜひ機会をつくって、この地方の恵みを楽しんでくださいね。

以上、いささかカンタンではございますが、ブラジルより愛を込めて💛

IWAKI Do Brasil Comercio De Bombas Hidraulicas LTDA.
場所:ブラジル バリーニョス市
設立:2016年

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。