OEM用電磁定量ポンプ HRPシリーズ

吐出量:38 mL/min

超小型で高分解能。微少流量の均一注入に最適

OEM用電磁定量ポンプ HRPシリーズ


各資料のダウンロードはこちら 
電磁定量ポンプHRPシリーズ
についてのお問い合わせ該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

HRPシリーズの特長

DC電源/鉛直、水平ヘッド

コンパクトなDC電源仕様(DC12VまたはDC24V)です。またポンプヘッドは鉛直/水平方向の2タイプを標準化、設置の際取り付け方向を選ばず省スペースが実現、装置組込み用途に最適なポンプです。

高分解能

コントロール部のデジタル制御により、0~720 spmまで1 spm刻みの制御が可能です。また、1ショットあたりの吐出流量は0.055 mlです。微少流量の均一注入に適しています。
●ストップ制御タイプはストローク数の可変制御はできません。

防水・防塵構造

駆動部・コントロール部などのユニットごとにシール構造を設けることで、IP65相当の簡易防水・防塵構造になっています。
●完全防水ではありませんので、雨水の当たる屋外への設置はさけてください。

 

運転機能

HRP型ポンプは、外部機器の信号入力により運転制御を行います。
制御方法により以下の制御タイプに分かれています。

【パルス制御タイプ】
外部信号入力 (パルス信号) により、ポンプの運転 (ストローク数) を制御します。
パルス信号1回に対し、ポンプ動作を1回行います。(同期運転)

  • ポンプは電源を投入しただけでは動作しません。信号入力が必要です。
  • 720 spmを超える信号が入力された場合、余剰信号はキャンセルされます。

【4~20 mA制御タイプ】
4~20 mAの電流入力に対して、ポンプの運転 (ストローク数) を比例制御します。

  • ポンプは電源を投入しただけでは動作しません。信号入力が必要です。

【1~5 V制御タイプ】
1~5 Vの電圧入力に対して、ポンプの運転 (ストローク数) を比例制御します。

  • ポンプは電源を投入しただけでは動作しません。信号入力が必要です。

【ストップ制御タイプ】
外部信号入力により、一時的にポンプの運転を停止します。

  • ポンプは電源を投入しただけで720 spm運転します。

概略仕様

吐出量

38 mL/min

最高吐出圧力

0.2 Mpa

ストローク数

0〜720 spm

主要材質

PVDF

消費電力

5.6W

液温範囲

0~40℃

粘性液

お問い合わせください

定量ポンプ購入後のよくある質問