TCR501WB-2Sの特長

回転&分解・洗浄
本体が回転する構造のため、液の回収が可能です。分解・洗浄の作業性を考慮した設計です。

 

構造が簡単で楽々メンテナンス
クランプの数も少なく分解・組み立てが簡単です。
液モレも安心
液漏れしにくい構造のため安心です。粘度の高い液の移送にも最適です。
日本製
設計から生産まで一貫した国内生産です。タイムリーなレスポンスとサービスを提供します。

用途例

  • 二次電池製造プロセス
  • 医薬品・化粧品製造プロセスなど

概略仕様

最大吐出量 330 L/min
最高吐出圧力 0.7 MPa
最大エアー消費量 4000 NL/min
供給エアー圧力範囲 0.2 – 0.7 MPa
1サイクル吐出量 1000 mL
液温範囲 0 – 80 ℃
粘度限界 自吸:3 Pa·s以下、押込:8 Pa·s以下
スラリー限界 8 mm以下
シール方式 シールレス

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。