SEEPEXの特長

標準ポンプ BN, NS, BNS型
• 水状から高粘度、高濃度の液体、固形物や繊維含有液の低脈動、定量移送が可能
• 空気、ガスが混入していても揚程8.5m まで自吸が可能
• 移送条件に合わせてポンプの回転方向を正逆どちらでも対応可能
※ NS, BNS型はVベルト駆動です
計量ポンプ MD型
• 少流量(1.7 L/min)最大圧力(2.4MPa)で高精度の定量が可能
• ステーター分解、組込作業が手作業でできるサイズ
• ステーター、ローターの変更だけで、ポンプ型式を変更することができます
サニタリー仕様ポンプ BCF, BCFH型
• 水状から高粘度、高濃度の液体、固形物や繊維含有液の無脈動、定量移送が可能
• 構造が単純でデットゾーンの無いケーシング設計により洗浄が容易
• フレキシブルシャフト(ユニバーサルジョイントレス構造)
• フレキシブルシャフトが分割出来るため部品コストを抑えることが可能
• CIP 洗浄ポートの取付が可能
先進的な技術を投入したプログレッシブモデル SCTタイプ
• 上下2つに独立した分割型ステーター
• 簡単に取り外し可能な高性能ローター
• ゼグメントの締め付けにより、必要流量/圧力の調整が可能

スマート移送テクノロジーの構造原理

スマートステーターは、上下2つに分割できる為、吸込及び吐出配管との取り合いフランジを外す必要がなく、1人でも容易にメンテナンスを行う事ができます。
また、スマートローター取り外しや交換の際は、接続するジョイントを分解する必要がなく、特殊工具も要らない非常に簡単な構造になっています。
結果として、最小時間でメンテナンスを行えることから、ポンプの稼働率向上に繋がり生産性改善に寄与します。
もう一つの構造上の特長として、締め付け構造があります。最適な流量が得られるように、ローターとステーターの隙間を調整でき、摩擦により流量が低下した場合でも締め付けで隙間を埋めることで、再度流量の回復が可能です。
流量調整は数分で行うことができ、従来型のようにステーターの抜き取りは不要です。
このように、ステーター、ローターの交換頻度は激減できますので、ライフサイクルコストも大幅に削減することができます。

概略仕様

NS, BNS BN, SCT MD BCF, BCFH
最大吐出量範囲 0.5 – 130.0 m3/h 0.3 – 130.0 m3/h 0.15 – 15.00 L/min 6.0 – 170.0 L/min
吐出圧力範囲 0.6 MPa 0.6 – 1.2 MPa 0.6 – 2.4 MPa 1.2 MPa
主要材質 ロータ:C45、SUS304、SUS316L、チタン、他

ステータ:NBR、EPDM、他

ロータ:C45、SUS304、SUS316L、チタン、他

ステータ:NBR、EPDM、他

ロータ:SUS316L、チタン、他

ステータ:NBR、EPDM、他

ロータ:SUS316L

ステータ:NBR、EPDM、他

所要動力範囲 0.75 – 22.0kW 0.75 – 15.0kW 0.4kW 0.4 – 3.7kW
シール方式 メカニカルシールまたはグランドパッキン メカニカルシールまたはグランドパッキン メカニカルシールまたはグランドパッキン メカニカルシール

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。