このコーナーでは、毎回ひとつの質問を取り上げ、イワキならではの改善策をご提案しております。今回は、食品加工製造会社の設備担当の方からの質問です。

調理中に発生する大量の食品残渣の処理方法に困っています

弊社では、調理中に大量の食品残渣(廃棄物)が発生します。生産の中断を避けたり、臭いがこもらないようにするなど、できるだけ早く廃棄物を除去する必要があります。

現在は、規格外の果物や野菜、調理に使用しない皮、切りくずなどの廃棄物をステンレス製の容器に入れ、衛生管理の行き届いた生産エリアとは別のエリアにある脱水装置に、手作業で運んでいます。

種や石なども入っている廃棄物なのですが、移送できるポンプはありますか。

食品残渣などの固形物混入液の移送にはスクリューポンプと破砕機のユニット製品をおすすめします!

ご質問、ありがとうございます。ご事情、お察しいたします。

固形物混入液の移送には「スクリューポンプ SEEPEX」をおすすめしているのですが、今回のように固形物が大きい場合には、よりスムーズに移送するために「スクリューポンプ」+「破砕機」のユニットをご提案いたします。

ユニットの作業工程は・・・

  1. 食品残渣をコンベアのホッパーに投入(レベル検知器によりシステムを自動的にON, OFF制御)
  2. ホッパー下部のスクリューにより破砕機へ
  3. 破砕機によりスクリューポンプで送れるまで細かくなった食品残渣をポンプへ供給
  4. スクリューポンプが脱水装置まで移送

脱水装置までポンプにより配管を通して移送されるため、生産エリアには食品残渣による臭いはほとんどなくなります。また、衛生管理の行き届いた生産エリアからエリア外の脱水装置まで、廃棄物の容器が往き来することがなくなり、クリーンな環境を汚すリスクが軽減されます。

スクリューポンプ SEEPEXのユニット製品をお使いいただければ、食品残渣の移送における諸問題は概ね解決するはずです。是非、この機会にご検討ください。

食品製造プロセスでも多くの実績を持つイワキですので、他の工程でも問題があれば良いご提案をさせていただきますので、是非、この機会にご検討ください。

 

スクリューポンプと破砕機をユニット化!
スクリューポンプ SEEPEX
• 固形物や繊維含有液の無脈動、定量移送が可能
• 水状から高粘度、高濃度の液体も無脈動で定量移送
• 構造が単純でデットゾーンの無いケーシング設計により洗浄が容易
スクリューポンプ SEEPEXの詳細はコチラ!

 

スクリューポンプ SEEPEX

このソリューションに関連する製品一覧

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。