WCMの特長

安定した乳濁液を生成
優れた拡散作用により、均一に分散された液体や安定した乳濁液(エマルジョン)を生成可能。マヨネーズのような、油分と水分を乳化させる用途に最適です。
衛生的なサニタリー仕様
接液部にはステンレスSUS316 相当を採用し、特別な工具がなくても分解が可能。日常の点検・洗浄が簡単に行えます。
容易なクリアランス調整
ロータとステータのクリアランス調整が外部から簡単に行え、様々な製造プロセスに対応が可能です。
効率よく乳化を行うロータ形状
鋸歯状のロータを回転させることにより、強力な渦を発生させ、均一化や乳化を効率良く行います。

概略仕様

処理能力 25 – 125 L/min
最高使用圧力 1.0 MPa
常用回転数 3000/3600 rpm
取扱い液温度 Max.100 ℃
接続口径(標準) 2″I.M.D.Aオネジ
回転部シール メカニカルシール
モータ出力(標準)注 11kW 2P

注:モータ出力は、処理能力に応じ5.5kW、7.5kWも用意しています。
• コロイドミルはポンピング能力がありません。WRU型ロータリーポンプなどにより、液体を強制的に供給してください。

コロイドミル WCM(乳化機 WRU関連製品)の活用分野

食品分野

この製品に関する動画

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。