WRU-U2シリーズの特長

徹底したサニタリー構造
液だまりのないフラットボディ・フリードレンフロントカバー・袋ナット式ロータナットの採用など洗浄性とメンテナンス性を徹底的に追求しました。また、CIP用穴(オプション)により自動洗浄性の向上を図りました。
高剛性
従来の2倍の強度を持つSUSシャフトを採用。また、ベアリングは全機種テーパローラーベアリングを使用。高剛性が一段と向上しMax. 1.37MPaの高圧吐出を可能にしました。
• WRU-001 –  031型の後ベアリングはボールベアリングです。
幅広い取扱い液
低粘度液から高粘度液、外気に触れると固形化する液、軟質固形物を含んだ液など、取扱い液は広範囲です
• エアー混入液の取扱いについてはご相談ください。
• 使用条件によりロータとボディが接触する場合があります。日々の点検を行い、必要に応じてフィルターを設置してください。
定量性
独特なロータ形状は、ロータがどの位置にあってもポンプ容積が一定のため、脈動がないうえ定量性に優れています。

概略仕様

最大吐出量範囲 11 – 575 L/min
最高吐出圧力 1.37 MPa
最高回転数 600 rpm
主要材質 ワーケシャ88合金、SUS316L相当、17-4PH(SUS630相当)、SUS316相当
所要動力範囲 0.75 – 15kW
液温範囲 0 – 149℃ (標準ロータは93℃まで、93℃以上の場合はお問合せください)
移送可能粘度 1 – 10万 mPa·s
スラリー液 お問合せください
シール方式 メカニカルシール

• オプションとして、逃がし弁付カバー、ジャケットカバー、矩形広口ポンプなどがございます。詳しくはお問合せください。

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。