次亜塩素酸ナトリウム冷却システム

塩素酸抑制冷却管理システム ICHシリーズ

次亜塩素酸ナトリウムを20℃以下に定温管理

厚生労働省の定める水道法の一部改正により、水質基準を適正に管理する事が求められています。小規模水道や専用水道においても、次亜塩素酸ナトリウムの管理については特段の配慮が必要です。次亜塩素酸ナトリウム冷却システムは、次亜塩素酸ナトリウムを20℃以下に温度管理。塩素酸の管理対策に最適なシステムです。

 cfc_emissions_law.jpg


各資料のダウンロードはこちら 
塩素酸抑制冷却管理システム ICHシリーズ
についてのお問い合わせ 該非判定はこちら

※資料のダウンロードには、会員登録が必要です。 会員登録はこちら

次亜塩素酸ナトリウム冷却システムの特長

安全性の高い間接冷却方式を採用

間接冷却(冷却コイル内には水を循環)のため、冷媒(ガス)が次亜塩素酸ナトリウムに混入することはありません。

優れた耐食性のチタン製冷却コイル

冷却コイル(接液部)材質には耐食性に優れたチタンを使用。薬液への影響がほとんどありません。

規模に合せたシステム化が可能

各種冷却装置、薬液タンク、薬液注入ポンプなどを用意しています。規模や用途に合せたシステムのセットアップが可能です。
注:500L以上の大容量のシステムについては別途お問合せください。

システムフロー

システムフロー

概略仕様(50/60Hz)

型式LX-A1230LX-A1240
対象液量 50〜200L 201〜500L
冷凍機出力 300W 400W
冷却能力 814/860W(700/740 Kcal/h) 1163/1256W(1000/1080 Kcal/h)
温度特性制御温度範囲 10〜35℃
使用周囲温度 5〜35℃
電源 100V ±10% (50/60Hz)