こんなところにイワキです Vol.3
― あのフジテレビ系列の人気ドラマ『医龍4』に「ラボハートNCVC」出演! ―

このコーナーでは、イワキポンプの技術力が支える様々なジャンルを紹介していきます。じつは、イワキの製品が使われている分野は意外なほどに広いんです。今回はこの年末になって飛び込んできた「えっ? イワキがドラマに?!」というビッグニュースを交えてお届けいたします。

なんと! 来年1月9日から始まるフジテレビ系列の人気ドラマ「医龍4 - TEAM MEDICAL DRAGON 」(毎週木曜 夜10時放送。初回は夜9時放送。)の初回放送に、イワキの【補助人工心臓用耐久試験装置「ラボハートNCVC」】が登場することになったのです\(~o~)/ 

医龍と言えば、これまで時代の最前線にある医療現場で戦う医師たちの姿を描いて、常に高視聴率を上げてきた連続ドラマです。シーズン4はさらなる進化が期待され、今回もチームドラゴンの活躍がとても楽しみです。

メルマガ編集部は、現場にお邪魔して、撮影に立ち会わせていただきました。

いやー、スゴイ!

俳優の方々の演技もさることながら、監督さんを始めとするたくさんのスタッフの方々による現場の熱気!!

医龍4撮影現場

今回の出演経緯は、このドラマの医療監修をされている順天堂大学心臓血管外科の天野教授のご推薦を頂き実現しました。医療機器の研究開発にも関わる「ラボハートNCVC」は、ドラマだけでなく実際の現場でも重要な役どころとなります。

某所の真新しい研究室が撮影現場で、撮影前日の夕方から搬入が行われました。スタッフがガランとした部屋に撮影用の大道具である研究室セットを搬入すると、短時間で最先端の研究室ができ上がりました。その間に我々は「ラボハート NCVC」を設置、試運転を行い本番に備えました。

医龍4撮影現場

さて撮影当日です。早朝に集合して現場へ向かいましたが、撮影スタッフの方々はすでに到着しており、我々の技術担当者があらためて装置の動きを説明しました。

その後「人工心臓」と「ラボハートNCVC」の撮影演出方法の確認が念入りに行われました。そのうちに俳優さんたちとエキストラの方々が次々と到着、ほどなくリハーサルが始まりました。

医龍4撮影現場の様子

いよいよ本番です。「ラボハート NCVC」の前に立つ加藤教授役の稲森いずみさんを、大勢の研究員がとり囲むシーンと、その加藤教授に学部長役の阪田マサノブさんが絡む緊迫感のあるシーンが、「ラボハート NCVC」の周辺で撮影されました。カメラワークを変えて同じシーンが何度も何度も撮影されました。

医龍4撮影の様子

いや~ドラマ撮影ってすごい!もちろんこのような機会は初めてですが、撮影現場のすごい!を体験することができました。

当社の「ラボハート NCVC」も名脇役としてあらゆるカメラワークに耐え、十分お役にたてたと
確信しております(^o^)/

補助人工心臓用耐久試験装置「Laboheart NCVC」は「独立行政法人 国立循環器病研究センター 人工臓器部」様と当社が共同研究開発を行った装置です。
「NCVC」は「独立行政法人 国立循環器病研究センター」の登録商標です。「Laboheart」は株式会社イワキの登録商標です。

 

補助人工心臓用耐久試験装置 ラボハートNCVC

補助人工心臓用耐久試験装置 ラボハートNCVC®
laboheart-ncvc_03.jpg

  • 多様な心機能状態を任意に設定可能
  • 連続耐久試験装置に求められる高い耐久性を確保
  • 自動プログラム運転機能で各種設定条件下での試験運転が可能

メールマガジン登録はこちら