ESUシリーズの特長

ESUシリーズは脈動流量を正確に計測可能な電磁式流量センサとガスロックを防止する自動エアー抜きバルブを装備しています。測定実流量に対するフィードバック制御と自動エアー抜きバルブの組み合せにより、正確な薬液注入を実現します。

電磁式流量センサ EFS
目標流量をポンプに設定すればショットごとに正確な流量を計測、たとえ圧力変動等、吐出条件が変化しても、フィードバック制御により目標流量値に保持することができます。
自動エアー抜きバルブ NAE
ポンプ室に混入したガス(エアー)は、自動エアー抜きバルブから取扱い液の一部とともに強制的に排出されますので、次亜塩素酸ナトリウムなどの発泡性薬液でもスムーズな注入が行えます。

作動原理

  1. 取扱い液にガスが混入しても自動エアー抜きバルブによって排出され、またフィードバック制御により目標流量値が保持されます。
  2. ガスロック状態になった場合、実流量がゼロとなりフィードバック制御によってポンプ動作速度を上げてガスを排出します。
  3. ガス排出完了後はフィードバック制御により目標流量値でのポンプ運転を再開します。

ポンプ概略仕様

最大吐出量範囲 30 – 110 mL/min
最高吐出圧力範囲 0.4 – 1.0 MPa
主要材質 PVC
液温範囲 0 – 40℃
電源電圧 AC100 – 240V 50/60Hz 単相

コントローラ概略仕様

運転機能 MAN運転 マニュアル運転:0.1 – 100.0% (1 – 360spm)
流量フィードバック運転:
0.1 – 999.9 mL/min、0.001 – 59.994 L/H、0.001 – 15.828 GPH
EXT運転 ANA. R(アナログ固定)
4 – 20、20 – 4、0 – 20、20 – 0 mA (ストローク数と比例)
ANA. V(アナログ可変)
2点設定 (入力信号0 – 20 mA、流量値またはストローク数)
BATCH(バッチ運転)
0.1 – 99999.9 mL、0.001 – 99.999 L、0.001 – 26.385 G
PLS(パルス運転)
2点設定(入力信号0 – 500 Hz、流量値またはストローク数)
入力 バッチ回数入力 無電圧接点またはオープンコレクタ
アナログ DC0 – 20 mA (入力抵抗220 Ω)
STOP/Pre-STOP(レベルセンサ) 無電圧接点またはオープンコレクタ
AUX
インターロック
バッチ運転スタート/ストップ
出力 OUT1 無電圧接点 (機械式リレー) AC250V 3A (抵抗負荷)出力項目は次より選択(初期値:STOP警報)
警報 / 制御エラー警報 / 吐出検知警報
OUT2 無電圧接点 (フォトMOSリレー) AC/DC24V 0.1A出力項目は次のいずれかを選択 (初期値:OFF)
センサ入力同期出力 / ポンプストローク数同期出力 / 警報 / 制御エラー警報 / 吐出検知警報
アナログ DC4 – 20mA (許容負荷抵抗:500Ω)
記憶機能 不揮発性メモリにより記憶

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。