このコーナーでは、毎回ひとつの質問を取り上げ、回答していきます。
今回は、浄水場の設備担当の方からの質問です。

夏場に滅菌剤注入ポンプがガスロックすることが多いのですが、改善方法はないでしょうか?

浄水場で滅菌剤(次亜塩素酸ナトリウム)注入ポンプを使用しているのですが、夏場になるとガスロックすることが多くなり、薬剤を安定的に注入できません。その度にメンテナンスコストが発生しますし、なにより安全で良質な水を安定してお届けすることに支障をきたしてしまいます。

そのためポンプの交換を検討しているのですが、夏場でもガスロックしない注入ポンプはないでしょうか。

そのお悩み「アンチガスロックポンプユニット ESU型」が解決いたします!

ご質問、ありがとうございます。ご事情、お察しいたします。
ご存知の通り次亜塩素酸ナトリウムのような発泡性薬液を移送し続けると、一部のポンプではポンプ室内にガス(気体)が溜まり、圧縮効率が低下することで液体を移送できなくなることがあります。特に夏場で気温が上がってくるとガスロックの原因となる気泡が発生しやすい状態となり、このようなご相談を多くいただきます。
当社ではガスロックによる注入不良を抑制する製品を多数ご用意していますが、今回は「アンチガスロックポンプユニット ESU型」をご提案いたします。
アンチガスロックポンプユニットは「自動エアー抜きバルブ」と「電磁式流量センサ」を搭載したポンプユニットで、ガスロックによる注入不良対策にとても有効なのです。
また次亜塩素酸ナトリウムは、夏場の気温上昇などで気泡が発生しやすくなり、通年で適正な容量を注入することが難しい液体ですが、当社のアンチガスロックポンプユニット ESU型をご使用いただくことで、いつでも正確な容量の薬液注入を行うことができます。

ガスロック対策に有効なポンプユニットESU型の機能

自動エアー抜きバルブが混入したガスを排出
ポンプ室に混入したガスは、自動エアー抜きバルブから取扱い液の一部とともに強制的に排出され、発泡性薬液でもスムーズな注入が行えます。
脈動流量を正確に計測可能な電磁式流量センサを搭載
目標流量をポンプに設定すればショットごとに正確な流量を計測し、吐出条件が変化しても、流量フィードバック制御により目標流量を保持することができます。
万が一、吐出量異常が発生した時にはポンプが異常警報を出力し、すぐに異常に気づくことができます。
また、ガスロックが発生しても運転速度を自動可変させ、短時間で強制的にガスを排出させる機能を有しています。
すでに浄水場はもちろん、公衆浴場や、食品工場などの滅菌設備で、多くの実績がございます。安全で良質な水を安定してお届けすることに貢献する、アンチガスロックポンプユニット ESU型を是非ご検討ください。
圧力変動等、吐出条件が変化しても正確な薬液注入を実現
アンチガスロックポンプユニット ESUシリーズ
• 脈動流量を正確に計測可能な電磁式流量センサを搭載
• ガスロックを防止する自動エアー抜きバルブを装備
アンチガスロックポンプユニット ESUシリーズ 詳細はコチラ!

このソリューションに関連する製品一覧

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード
製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。
※会員登録が必要です。
イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。