このコーナーでは、イワキポンプの技術力が支える様々なジャンルを紹介していきます。じつは、イワキの製品が使われている分野は意外なほどに広いんです。

いつしか秋も深まりました。朝晩はめっきり寒くなってきましたが、この時期、とくに気になり出すのが“お肌の乾燥”です(#^.^#) バッグにはハンドクリームをしのばせ、お風呂上りには欠かさず全身に保湿クリームを・・・という女性も少なくないと思いますが・・・イヤ、最近は男性たちの間でも「洗顔後はただちに保湿」が常識となっていますよね。

じつは、そうした保湿クリームの製造現場でも、イワキのポンプたちが元気に活躍しているのです!

それにしても、ドラッグストアなどを見ると、一口に「クリーム」といっても、驚くほど多くの種類があるものです。「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」はもちろんのこと、美白成分が含まれているもの、とてもいい香りのするものetc…etc…つまり「成分の配合率」こそが、メーカーの命なわけです。

われわれイワキは、流体制御のプロとして、その大事な工程をサポートさせていただいております。たとえレシピがOKでも、そのとおりの再現性がないと製品化はできません。そこに「プロの仕事!」が求められるわけですね(*^^)v

とりわけ、化粧品は肌に直接つけるものなので、当然ながら、ラインに組み込むポンプについても、たいへん厳しい基準が設けられています。

こうした現場では、サニタリー性を徹底追及したサニタリー式ロータリーポンプを多くご採用いただいておりますが、洗浄性とメンテナンス性を徹底追求した製品であること、また、低粘度液から高粘度液、外気に触れると固形化する液、軟質固形物を含んだ液など、取扱い液も広範囲なので、かなり重宝されているようです。

サニタリーロータリーポンプ WRU

これからますます冷え込んでまいりますが、この冬、保湿クリームを塗るときには、少しでもポンプのことを思い浮かべていただけたら嬉しいです(^.^)/~~~

この記事の関連製品

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。