このコーナーでは、毎回ひとつの質問を取り上げ、回答していきます。
今回は、食品工場のご担当者様からの質問です。

釜飯の出汁の添加を人手で行っていますが、均一の量を添加し続けるのが難しくて困っています。

当社の製造ラインの中の1つである釜飯製造ラインで出汁を人手で添加しているのですが、長時間の立ち仕事で均一の量を添加し続けるのに大変苦労しています。また丁寧に均一の量を添加したいため、ラインを早く回すことができず生産量を増やすことができません。 何かよい方法はないでしょうか?

食品添加物の注入で実績のある「電磁定量ポンプ」の導入で即解決です!

ご質問、ありがとうございます。ご事情、お察しいたします。
このようなケースには、「電磁定量ポンプ」をおすすめしています。
名前のとおり、電磁“定量”ポンプなので、添加物を均一に注入することはお手の物なのです。基本機能の1つであるカウンター制御運転によって、生産性を向上することができます。
下図のように近接スイッチからのパルス信号を「電磁定量ポンプ」へ送ることで、自動定量注入が可能になります。

つまり、「電磁定量ポンプ」の導入によって、人件費を減らし、精度良く、素早く、衛生的に作業を行えるようになるということです。この機会に、食品プロセスでも多くの実績を持つ「電磁定量ポンプ」を是非ご検討ください。

0.34〜1.25L/min、 幅広い吐出量域をカバー
電磁定量ポンプ EH-Eシリーズ
• アナログ/デジタルの制御信号をダイレクトに入力できるためシンプルな機器構成が可能
• 分周制御・カウンタ制御など、各種自動制御運転が可能
• ポンプヘッドはPVC、GFRPP、PVDF、SUS316 の4種類
電磁定量ポンプ EH-Eシリーズ 詳細はコチラ!

このソリューションに関連する製品一覧

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード

製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。

イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。