こんなところにイワキです
インバウンド需要で大忙し!? 業務用洗濯機と共に働くポンプ・後編

【お客様事例】株式会社稲本製作所様(2017年7月1日からの新社名:アイナックス稲本株式会社)

このコーナーでは、様々な分野で使われているイワキのポンプの中から、「え?こんなところに?!」と思っていただける事例にスポットをあて、様々なシーンで活躍するポンプの姿をお届けしています。

前回の「前編」では、“業務用洗濯機”業界でシェアNo.1を誇る石川県白山市の株式会社稲本製作所様におじゃまし、「業務用洗濯機とはなんぞや?!」というお話を伺ったところまでをお届けしました。なんと! 同社はこの4月にTBS系列でオンエアされた『がっちりマンデー!!』にもご出演された会社様なのであります。

我々メルマガ編集部こと「イワ気になる隊」は、“がっちり”ポーズもキマッテいた常務執行役員・工場部門長の千葉様の軽快なお話しぶりにグイグイ引き込まれてしまいましたが、続いて実際に巨大な洗濯機を見せていただけるとあって、もうワクワクが止まりません(#^^#)

果たしてどんな出会いが待っているのか・・・大人の社会科見学の始まり始まりで~す!

>>> 気になる「前編」はこちら

こ、これが洗濯機??! その大きさに思わず圧倒

「まずはC棟からご案内しましょう!」お忙しい中、笑顔で工場をご案内くださったのは生産管理部 生産業務課の山本 大輔様。ここ石川県白山市源兵島町の本社および工場はA棟・B棟・C棟3つの建物からなっているのですが、一番効率的に回れるルートを考えてくださってのことです。さすが「生産管理」のプロですね(*^^)v

山本様「これが先ほど会議室のパネルにあった“大型水洗脱水機”ですよ。写真だと小さな箱にしか見えなかったと思いますが(笑)」

成人男性もスッポリ入ってしまうほどの巨大洗濯機を前にして、思わず口をアングリ開けてしまった「イワ気になる隊」でありました。

山本様「続いて、こちらが噂の連続式水洗機『NCW』です!」

連続式水洗機「NCW」

ワオ〜〜〜〜(@_@) 確かに、知らずに見たら、これが洗濯機だなんて、我々素人にはわかろうはずもありません。

山本様「先ほども簡単にご説明しましたが、この連続式は10槽のドラムからなっていて、たとえばバスタオルなら60kg、200枚以上を約30分で洗うことができるんです。洗いで6槽、すすぎで4槽、一つのドラムで3分回るとハイ次!って感じで、大量の洗濯物も連係プレーを駆使して、あっという間に洗い上げていきます」

ドラムの中では洗濯物が、持ち上げられては重力で下にストンと落ち、いわゆる“叩き洗い”がされているので汚れがよく落ちるのだと、先ほどの会議室で常務の千葉様が説明してくださいました。

果たしてこの巨大洗濯機とイワキのポンプは、どんなタッグを組んでいるのでしょうか?

山本様「イワキさんのポンプは、この洗濯機に直接組み込んでいるわけではないんです。別置きの洗剤タンクと接続し、配管を通して必要な量を必要なタイミングで注入するために働いてもらってます。機種で言うと定量ポンプのLKとマグネットポンプのMD-Fかな。
ポンプ単体で使うというより、装置の一部に組み込むという使い方ですよね。規模の大きなお客様だと、洗剤室が別にある場合もあって、そこからタッチパネルで信号を出し、適量の洗剤や薬剤を注入するわけです」

残念ながら、今回は実際に働いているポンプの姿を目にすることはできませんでしたが、従来は人の手に頼っていたこうした作業を、イワキのポンプたちが一手に引き受け、怠けたり愚痴を言ったりすることもなく(笑)、コツコツと地道に働いている姿を想像した我々は、思わずジーンとしてしまいました(#^^#)

大事な部分はすべて自社加工! 確かな技術力の秘密がここに?!

山本様「ちなみに、水洗機のドラム部分などは、板材を切り出すところからすべて自社でやっているんです」

さすが! 元々は板金屋さんからスタートした稲本製作所様ですね。え? もしかして、こんな「曲げ」加工も自社でされているのですか??

山本様「はい、そうなんです。こちらは『スピニング加工』と呼ばれる曲げの技術ですが、シリンダー部分の加工は製品の性能を左右する重要な部分ですから、かなり気を遣います。インペラなどはとくにバランスが大事でして、1円玉1個、つまり1gの誤差でもバランスが崩れてしまうんですね。じつはそのチェックために『バランスマシーン』を持っているのですが、ここまでしている工場はあまりないかもしれませんね」

「大事な部分はすべて自社で!」・・・このひと言が稲本製作所様らしさを物語っているようで、なんだかとても印象的でした(*^^)

さてこの後、組み立てと塗装の工程が行われているB棟へもご案内いただき、大人の社会科見学はほどなく幕を下ろしたわけですが、とかく企業秘密の多い製造業であるにもかかわらず、我々のような外部の人間に工場を丸ごと見せていただけた稲本製作所様の懐の深さには、いくら感謝を述べても足りないくらいです。
誠にありがとうございました<(_ _)>

それにしても、ふつうでは見られないモノを見るって、なんて楽しい経験なのでしょう♪ 社員の方と同じ緑の帽子をかぶり、いつになく真面目に(?)工場見学する「イワ気になる隊」でした。

以上、2回に渡ってお届けした株式会社稲本製作所様への突撃レポートでした(^^ゞ

気になるひとコマ

社屋の中で気になるモノを発見!

なんでもこちらの恐竜の骨格模型は、社員の方が趣味の一環としてレーザー加工機を駆使して作ったものだそうです。ものづくりを究める会社様らしい印象的なひとコマでした。

株式会社稲本製作所(2017年7月1日からの新社名:アイナックス稲本株式会社)

創業 大正6年 4月
本社・工場 石川県白山市源兵島町948
テクニカルセンター 石川県白山市松本町1268-10
主な事業内容 業務用洗濯機、乾燥機、仕上機、繊維加工機、及び関連機器の製造

製品に関する情報

カタログ、資料ダウンロード
製品資料データ、カタログ、取扱説明書を会員サイトからダウンロードできます。
※会員登録が必要です。
イワキのサポート
よくあるご質問、各種お問い合わせ、製品メンテンナンス動画など、イワキ製品のサポートについてご紹介します。